読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DOPEになれ

ドープ。最高にクール。最高に素敵。最高にバカ。

Fujiyama

このあいだの日曜日、兄と一緒に富士山に登った。

前々から予定していた訳じゃなく、日曜の午前に急に兄が

 

「富士山登りに行こう!」 

「いいよ」 THE・即決。一寸の迷いなし。

 

五合目までは車で行くことが出来るから、兄の車で向かった。

お互いがお気に入りのCDを流しながら、テンションMAXで飛ばしていた。

が、俺は山のクネクネ道が昔から苦手で車酔いをかましていた。

さっきまで車内で歌ってたくせに、五合目までの道のりの後半はおとなしく座ってた。

 

五合目に到着。そっからは歩き。

兄の服装は上2着に半ズボン。俺はパーカーにチノパン。山をナメきった二人の足取りは軽い。結構な距離を喋りながら、ズンズン登っていった。

気温が結構低くて、冬のようだった。兄もその寒さに、どっかいかれちゃったんだろう。

 

「服脱ごうぜ!」

「いいね〜」 もはや二人は常識という二文字を五合目に置いてきてしまった。

 

二人して上裸になって叫ぶ。富士山の六合目あたりで。

そのままのテンションで何故か二人で筋トレを少しして、上裸のまま登っていく。

その後は少し先にある倉庫のような建物まで登っていった(途中で寒くて服を着た)

ここまで高い所に登るのは人生初で、その綺麗な景色に見入っていた。

休憩がてら雲の上を満喫した後は少しずつ下っていった。

下りの途中でも上裸になって、走りながら富士山を下る漢二人。その日富士山に

登った人の中で最も輝いていた(ベスト・オブ・富士山である)。

 

家に帰った後、登ってる最中に撮った写真を眺めていた。

二人が山の景色を背景に上裸で笑っている写真を見ると、俺の鼻から鼻水が出てた。

その写真を撮った後、兄はもう服を着ていて俺に「寒くないの?」と聞いていた。

俺は「全然!もう慣れた」とか言ってたと思う。鼻水垂らしながら。

その無駄なやせ我慢っぷりを写真で見ちゃって思わず笑った。

 

そんな感じ。

 

バリア、バリア、タンマ

今日も昔の話をしよう。くだらないことばっか覚えてるし。

昔、僕らにだけ許されたルールがあった。

それは「バリア」だ。

鬼ごっこしてる時に、自分がタッチされそうな時に使うことができる。

バリアを使ってる間はタッチされても鬼にはならない。要は無敵!

使うにはちゃんと決まりがあって、指でバリアの意思表示をしないといけない。

それがコレ。↓

f:id:k-y-r-635:20161015220747j:plain

両手でこの手の形を作る。これでバリアが使える。

ずっとやってると人差し指が疲れるからあんまり長時間できない。

 

で、今日俺が言いたいことは「タンマを使うヤツはムカつく!」だ。

バリアはいいよ、自分だけ無敵だから。バリアは使われても許すよ。

タンマは相手のことも止めようとするから許せねー。

俺、タンマだけは意地でも使わなかったよ。

 

最後に。現実社会では、バリアもタンマも使えない。

無敵になることも時間を止めることも、できない。

でもそれでもいい。

大切な人の為に、君自身が「バリア」になるんだ。

これからは自分以外の為にバリアを。よろしく頼む(画期的バリア締め)

 

鬼の話

小さい頃に、鬼を見たことがある。

いきなり何?と思うだろうけど、まあ聞いてくれ。

俺が多分小学生くらいの時の話。

当時、一番上の兄ちゃんは人を驚かすことにハマっていた。

よく俺や真ん中の兄ちゃんがトイレから出てくると、死角から急に

現れてビックリさせてきてた。

で、ある日のこと。小便をした後トイレから出ると、

いつものように兄ちゃんが柱の影に隠れていた。

俺はそれに気づいて、兄ちゃんもバレた〜って感じで二人で笑ってた。

その時。兄ちゃんの後ろに鬼が立っていた。

天井につくくらいのデカさ、体は真っ赤で、顔はゴツゴツして目が黄色い。

筋肉質だけど関節は細い。で、なぜか片手にティッシュの箱を握ってた。

優しそうな表情で「これ、借りるよ〜」的な雰囲気で立ってた。

一度瞬きをしたら、もうそこにはいなかった。

 

この話はもう色々な人に話してて、遂にブログにまで書いてしまった。

色々な人に話しすぎて、本当は俺のただの妄想だったんじゃないか?

って最近思えてきた。でも、それでも俺はこれからも言おう。

鬼を見たことがあると。

 

鬼はあの時、なんでティッシュをパクっていったんだろう。

風邪ひきの青鬼さんのため?ただのイタズラ? 分からない。

あの鬼は今の俺に会っても、あの優しい笑顔をしてくれるのかな・・。

 

まあ、小さい頃は節分になると積極的に豆まきしてたから、

多分もう家にはいらっしゃらないでしょう。

 

そんな感じ。

 

 

ゴーゴーの魅力

「ゴーゴー」がつく単語が好きだ。

GOGOモンスターとかゴーゴーカレーといった感じの。

「ゴー」単体でも好きなのに、ゴーゴーときたらこれはもうヤバイ

ゴーゴーからは自信とエネルギーを感じる。

突っ走っていくような勢いがあるし、あんまり後先考えてなさそうな感じも素敵。

「やっちゃえやっちゃえ!」感があって好き。

 

ちょっと考えてみよう。

 

◆ゴーゴースニーカー

履くと足が速くなりそう。雨の日に平気で泥沼に突っ込んでいきそう。

◆ゴーゴーゴリ

糞を人に投げつける頻度が普通のゴリラより多い。

◆ゴーゴー運送

車とか使わない。己の脚力のみで荷物を配達する。

◆県立ゴーゴー高等学校

陸上部の強豪校っぽそう。校歌の歌詞に「GO」が20個くらい入ってそう。

◆シェフのおすすめ ゴーゴー風パスタ

これを作ったシェフは音楽聴きながら料理してるんだろう。Avicii聴きながら。

 

ちょっと考えてみたけどあんまり思い浮かばなかった。

だってゴーゴーがつくと走ってるイメージしか思い浮かばないんだもん。

今俺の頭の中にはゴーゴーサンタとかゴーゴー小学生が走り回ってるよ。

 

締めよう。

何か思い浮かんだらとりあえず動いてみることが大切だと最近思う。

まだまだ出来てないことは多いけど。

ゴーゴー俺。 ゴーゴーみんな。

そんな感じ。

 

書いてるうちにゴーゴーがゲシュタルトだよ。

ゴーゴーって・・何?

アロエ、君を愛し続ける

僕が保育園児だった時の頃。

園内の遊具でいつものように友達と遊んでいたら、腕を

擦ってしまって、その傷口を先生に見せた記憶がある。

その時先生が、プランターで栽培していたアロエの切れ端を

持ってきて僕の腕に当てた。アロエの見た目から当時の僕は

「えぇ、そんなトゲトゲした物を傷口に当てるの」と思っていた。

今ちょっと調べてみたら確かに傷口にアロエを当てることは

効果があるらしい。細胞の修復が早まり、切り傷を早期に完治させる。らしい。

ただ、直接当てる場合には傷口を消毒して清潔にした後、できればアロエ

熱湯消毒しておくといい。らしい。

思い出してみるとその時、先生は熱湯消毒なんてしてなかった。

僕の擦り傷を水でジャーッと流した後、アロエの切れ端を僕に当ててた。

先生は僕に「人生は常にサバイバル。熱湯を用意する時間など無い」

と無言の教えを説いていたのでは無いか? 今になってそう思う。

 

それからというもの、僕は妙にアロエが好きだ。

あの見た目なのに傷口を治せる、キュートな緑色、しかも食べれる。

似た要素を感じるものにバナナがある。

持ちやすくオシャレな形、キュートな黄色、しかも食べれる。

 

時は流れて2016年。 

久しぶりにアロエに会おうと思った。彼女は幼い頃の僕を救ってくれたし、

僕は彼女のことが今でも好きだ。十数年ぶりに会いに行くことにしよう。

 

ーーアロエとは簡単に会えた。アロエは近所のスーパーにいた。

久しぶりの再会、お互いの目が合う。

彼女は僕に気付いていたが、何も喋らなかった。

でも僕は彼女の顔を見て、全て分かっていた。

アロエは結婚していた。相手の名字はヨーグルトというらしい。

現状を理解した僕は、何も言わずにスーパーを後にした・・

 

 

話がよく分からない方向に突っ走って行きましたが、

久しぶりに食べてみるとびっくりするほどうまいっす。アロエヨーグルト

あとアロエは普通に家に咲いてた。玄関前に。ばあちゃんが育ててた。

 

そんな感じ。