読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DOPEになれ

ドープ。最高にクール。最高に素敵。最高にバカ。

鬼の話

小さい頃に、鬼を見たことがある。

いきなり何?と思うだろうけど、まあ聞いてくれ。

俺が多分小学生くらいの時の話。

当時、一番上の兄ちゃんは人を驚かすことにハマっていた。

よく俺や真ん中の兄ちゃんがトイレから出てくると、死角から急に

現れてビックリさせてきてた。

で、ある日のこと。小便をした後トイレから出ると、

いつものように兄ちゃんが柱の影に隠れていた。

俺はそれに気づいて、兄ちゃんもバレた〜って感じで二人で笑ってた。

その時。兄ちゃんの後ろに鬼が立っていた。

天井につくくらいのデカさ、体は真っ赤で、顔はゴツゴツして目が黄色い。

筋肉質だけど関節は細い。で、なぜか片手にティッシュの箱を握ってた。

優しそうな表情で「これ、借りるよ〜」的な雰囲気で立ってた。

一度瞬きをしたら、もうそこにはいなかった。

 

この話はもう色々な人に話してて、遂にブログにまで書いてしまった。

色々な人に話しすぎて、本当は俺のただの妄想だったんじゃないか?

って最近思えてきた。でも、それでも俺はこれからも言おう。

鬼を見たことがあると。

 

鬼はあの時、なんでティッシュをパクっていったんだろう。

風邪ひきの青鬼さんのため?ただのイタズラ? 分からない。

あの鬼は今の俺に会っても、あの優しい笑顔をしてくれるのかな・・。

 

まあ、小さい頃は節分になると積極的に豆まきしてたから、

多分もう家にはいらっしゃらないでしょう。

 

そんな感じ。